HOME » この工法がすごい!注目の工法を紹介(エアパス工法、SE構法)

この工法がすごい!注目の工法を紹介(エアパス工法、SE構法)

たくさんの業者によってたくさんの住居が建てられていますが、それらを作り上げている工法にはさまざまな種類があります。

工法が違ってくれば、当然できあがってくる家の耐久度、耐震性、耐火性などの性質は異なってきます。

工法の違いは、そのまま家の個性となるのです。

ここでは、代表的な工法と主にそれを用いている業者を見ていき、それぞれの違いを学んでいきましょう。

エアパス構法(吉住工務店、四季工房など)

日本の高温多湿な環境下で、より快適な暮らしを求めるために開発されたのがこのエアパス工法です。

壁や天井裏などの断熱材の両側に空間を設けて、その中に空気を流通させることで、夏は涼しく冬は温かいという理想的な環境を作り出します。

従来の断熱材を用いた構造では、熱の循環が断熱材に遮られ、熱が室内にこもってしまうという弱点がありました。

しかしこのエアパス工法は、季節によって空気の取入口を開閉することで空気を循環させることでそうした弱点をクリアしています。

エアパス工法のデメリットとしては、壁内に空間があるため耐久力が低下する、外壁に用いている金物やネジによって熱が伝導されてしまう、コストが高くなるといったようなポイントがあります。

SE構法(三和建設、あんじゅホームなど)

SE構法は、従来の鉄骨造やRC造にて主流となっていたラーメン構法を日本の木造建築に取り入れた構法です。

素材としては集合材を用いて乾燥による収縮や反りが小さいため、無垢材に比べて高精度の構造を保つことができます。

また、従来の工法だとほぞや継ぎ手を刻んで木材を組み合わせますが、この手法だとどうしても断面欠損が出てしまいます。

反面、SE構法であればプレートやピンで固定できるので欠損が抑えられます。

必ず構造計算を行っているのも重要なポイントです。

本来構造計算が義務付けられているのは「3階建て以上の木造建物」と「2階建て以上の鉄骨、鉄筋コンクリート造の建物」のみですが、SE構法においてはどのタイプの建物でも構造計算によって安全性を確認できます。

木造軸組在来工法

古来より木造建築を主体としてきた、我が国伝統の工法です。

構造としては、柱と梁で骨組みを構成した上で「筋交い」という斜めの素材を組み合わせ、地震などによる横からの荷重に耐えられるようになっています。

最大のメリットは、日本家屋らしいデザインや雰囲気が最大限に引き出せることでしょう。ほかにも、自然素材による断熱性能やコストの低減というメリットがあります。

また、木造建築は火に弱いというイメージがありますが、実際には太い素材は表面が炭化するので完全に燃え尽きるまでには長い時間を要します。

反面、木材を用いるためにどうしても湿気による腐食、シロアリなどによる虫害が生じてしまうという弱点があります。